top of page

ケルトの秋とハロウィン


現在、イギリスを含む世界の多くの地域では秋が深まっています。私は秋が大好きです。葉がオレンジ、赤、茶色に変わり、木から落ちていく様子を見るのが楽しいです。夏と冬の間の季節の変わり目で、変化の時期でもあります。夏を振り返る人々の反省の時期でもあります。しかし今回は、夏の月だけを振り返るのではなく、ケルト人の時代にさかのぼってみましょう


ケルト人は各季節の重要性について深い敬意と信念を持っていました。そこで、ケルト人にとって大きな変化の時期であり、ハロウィン後に新年を迎える秋について見てみましょう。


ケルト暦では、新年は10月31日のサワイン祭の後に祝われました。これは今私たちがハロウィンとして知っているものです。子供も大人も仮装をして楽しむことが一般的ですが、これはケルト人がその場を祝った方法とは大いに異なります。


ケルト人の古代では、それは大きな祭りと祝賀でした。一日の始まりは夜明けではなく夕暮れで、サワイン祭は新年の始まりを示していました。これは冬のために放牧されていた牛が村に送り返される時期で、伝統は厳格に守られました。異なる国や地域のケルト人たちはそれぞれ独自の伝統を持っていました


サワインの祝祭はまた、夕暮れ時にこの世界と次の世界を分けるカーテンが薄くなり、霊が戻ってくることができるというケルト人の信念でもありました。また、神官や詩人のような特定の人々はその世界を訪れることができました.


したがって、ケルト人にとって秋は新年と新たな自分の始まりでした。現在の誰もが、自分にとっての新年をいつでも始めることができます。自分たちは反省し、新年と新たな始まりを迎えるために何が必要と感じたかを見つめることができます.


読んでくださり、ありがとうございました。楽しんでいただ


Keith.

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新しい章

Comments


bottom of page